会員登録
2017/04/11

ビルマの現状を伝える講演会&上映会が開催

Kengo Higashi - Media for Society 副編集長 Profile
コピーライター、ライター@名古屋

名古屋市市民活動推進センター集会室で4月22日、講演会&ドキュメンタリー上映会「本当のビルマ」が開催されます。

 

講師はドキュメンタリー監督のココラットさん。1991年に混乱期のビルマから日本に逃れてきた在日ビルマ人の方です。昨年末、日本で生まれた長男とともに一時帰国した際、ふるさとの様子を映像に残してきました。民主化、経済発展などが報道されているビルマですが、実際のところはどうなのか。ビルマの現状を詳しく知ることができる貴重な機会になります。

↓予告編↓

講演会&ドキュメンタリー上映会「本当のビルマ」

開催日
2017年4月22日 (土)
時間
14:30~16:30(14:00開場)
会場
ナディアパークデザインセンタービル6階「名古屋市市民活動推進センター 集会室」
参加費
無料
内容
問い合わせ先:QVH00512@nifty.com (アムネスティ・インターナショナル日本わやグループ)

●講師:ココラットさん
ドキュメンタリー監督、在日ビルマ人。元全ビルマ高校学生連盟書記長。1988年からビルマ民主化活動に参加し、1990年総選挙の日に反政府活動を理由に逮捕され解放後も監視下に置かれたため、母国を離れ日本で活動を続ける。SCDB(ビルマ民主化支援会)代表。2001年に政治難民に認定。愛知県在住。

●ドキュメンタリー:ビルマ辺境地レポート「知りません」
はじめて母国の都市ラングーンへ行った難民キャンプの子どもたち。ジャングルにくらす学生軍隊の兵士。ビルマは民主化して順調に発展しているかのような報道を多く目にします。このドキュメンタリーはこれまで長く平和ではなかった国の人々が今どうなっているか伝えるものです。
【2016年/20分/16:9/日本語・ビルマ語/字幕あり】