会員登録
2017/04/18

岐阜・垂井町でフェアトレードの名物イベントが開催

Kengo Higashi - Media for Society 副編集長 Profile
コピーライター、ライター@名古屋

岐阜県内で最も大きなフェアトレードイベント、「フェアトレードデイ垂井」が4月30日(日)に開催されます。

 

 

イベント風景(2016年開催時)

 

フェアトレード(公平貿易)とは、一般的に「開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す『貿易のしくみ』」のこと(特定非営利活動法人フェアトレード・ラベル・ジャパンHPより抜粋)。今回のイベントを主催するフェアトレードデイ垂井実行員会は「世界の人と自然が健康的に共存するための『ものづくり』と『流通』のしくみ」と、より広く定義して普及・啓発に努めています。また、「生産者が価格決定に力を持つことができる」「生産者の顔が見える」というフェアトレードの特徴と共通する“地産地消”の推進も目標としています。

「フェアトレードデイ垂井」では、この2つのしくみを身近に感じることができます。広場に集まったお店の商品に触れ、実際に手にとって食べたりすることで、来場者・出店者・主催者がそれぞれの想いやストーリーに出会う——。フェアトレードデイ垂井実行委員会は、その出会いこそが、しくみを深く理解するきっかけになるとしています。

 

 

 

参加者のコメント(2016年開催時)

 

なお当日のステージでは、天性の美声を持つワールドワイドなアーティスト・木歌(Mocca)さんのライヴをはじめ、カンボジアの村の職人たちがつくったカゴなどを販売するお店「moily」の店主・池宮聖美さんのお話や、大垣桜高校服飾デザイン科の生徒たちによる「フェアトレードファッションショー」などが予定されています。さらに、手ぬぐい作りや刺繍体験などができるワークショップも開催。この日しか得られない体験がたくさん詰まった1日になりそうです。

 

木歌(Mocca)さん

 

「moily」店主・池宮聖美さん

 

 

フェアトレードファッションショーの様子(2016)。衣装はフェアトレード専門ブランドの「People Tree」でコーディネート

「フェアトレードデイ垂井」

開催日
2017年4月30日 (日)
時間
10:00~16:00
会場
岐阜県不破郡垂井町宮代1984−4 朝倉運動公園自由広場(雨天時 朝倉運動公園町民体育館)
内容
●ステージ
10:00~ オープニング
12:00~ 木歌(Mocca) LIVE
13:00~ カンボジアでカゴを作るmoily・池宮聖美さんのお話
14:00~ フェアトレードファッションショー(大垣桜高等学校)
15:00~ ビンゴゲーム
16:00~ エンディング
●ワークショップ
Work1—ノクシカタ刺繍体験(随時受付・無料)
Work2—インド木版で手ぬぐい作り(随時受付、手ぬぐい500円、ハーフサイズ300円)
Work3—謎解きクイズ「フェアな世界への挑戦!」(10:00~14:30、参加費200円、シャトルカーでご来場の方は無料)
事務局・お問合せ:NPO法人泉京・垂井(TEL:0584-23-3010、mail:info@sento-tarui.org)
主催:フェアトレードデイ垂井実行委員会

※詳細情報は以下イベントページへ
https://ja-jp.facebook.com/events/279163012510558/