会員登録

尾張瀬戸駅近く、深川神社前に突如出現したB級スポット?

2019/06/28 - 2019/06/29

せとこまワンダーランドとは?

フジオカ ヒロタカ - Media for Society 編集長 Profile
カメラマン・デザイナー@フジオカヒロタカ デザイン事務所。 小学校時代は新聞係。

ペットを祀る由緒正しき神社

瀬戸市は狛犬が有名であることにちなみ、ペットを祀る神社として「せとこまワンダーランド(通称:せとワン)は建立された。

下から突き上げる光がゆるキャラの可愛さを演出している。

令和元年、最初の神社

令和元年5月1日にせとこまワンダーランドが設立され、年越しで記念パーティが行われた。

「令和」と筆を執るのは瀬戸市長。

宮前地下街の再興なるか

「せとワン」の設立記念に、せとワンメンバーでちんどん屋を扮して尾張瀬戸駅までの道を練り歩いたが、そもそも人が少ないとのこと。
「再興」と気負わずに、自分たちでできることを楽しむ大人たちの集まりだ。

程よい寂れ感を醸し出す宮前地下街 。喫茶店、うなぎ屋など開店しているお店が多い。

おとなりには吾妻軒

ほぼ同じタイミングで開店した小さなお店。
昼は篠島の海産物を使った丼やラーメン・中華のランチを出し、夜はバー。
昭和テイスト がたまらない宮前地下街(といっても地上にある) の一角。

6/3オープン。シェフは元名古屋キャッスルホテルの腕自慢。

さまざまなイベントも

平日は 地元の野菜などをマルシェ形式で出店している。
また、「せとワン」前のスペースを利用してさまざまなイベントが不定期で開催される予定だ。

地元の野菜などをマルシェ形式で出店している。
「はたけ食堂」というイベント。採れたての野菜を使った料理の試食とちんどん演奏、ライブステージなど。


コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。